iPhone水没の応急処置

iPhoneが水没してしまったら、そのままにするのではなく応急処置をしておくことで、状態が改善することがあります。正しい応急処置をすることで復活することもありますし、修理内容に影響することもあるため、できるだけ迅速な対応を心がけましょう。

まずはiPhoneカバーを外し、付着している水分をしっかりふき取ります。イヤフォンジャックやボタン付近についているアクセサリ類なども外してください。水分を取りたいからといって、ドライヤーをかけるのはNGです。精密機器は熱に弱いので、温風をかけるとダメージを与えることになってしまいます。ドライヤーを使う場合は冷風にしましょう。また、水分を取るためにiPhoneを振ると、水分が内部に拡散してかえって悪い状態にしてしまいます。激しく動かさないように注意してください。

水分をふき取ったら、電源を切ります。電源が入っているとショートしてしまう危険性があるためです。電源が完全に落ちたらsimカードを取り出しましょう。クリップなどでiPhoneの横にある穴に入れると出てきます。取り出したらsimカードの水分もふき取ってください。よく水分をふき取ったら、ビニール袋に乾燥剤を入れて乾燥させます。そのまま数日間放置しておき、電源を入れてみましょう。電源が入っても、内部では障害が出ていることもありますので、一度点検に出してみることをおすすめします。