iPhone水没後の修理方法

iPhoneを水没させてしまい、起動できなくなってしまうなど故障してしまった場合は、早めに修理に出しましょう。修理は正規修理店であるApple Storeでの修理です。もし自分で応急処置をして復活したとしても、iPhoneの内部には水分の中に含まれる成分やゴミなどが入り込んでしまっている場合もあるので、一度は修理に出した方がいいでしょう。

アップルストアでの修理は、Apple care+という保証サービスに加入している場合は、7,800~12,000円程度、加入していない場合は32,000円~39,000円程度の費用がかかります。Apple care+は購入時にほとんど加入することが多いです。自分が加入しているかどうかわからない場合はサイトで確認できます。その際には、シリアル番号が必要です。水没しているとiPhoneでは確認できないので、購入した際の箱の裏を確認してみましょう。なお、Apple care+の保証は2年間です。それ以上使用している場合は修理費用が跳ね上がるため、機種変更をするというのも一つの方法でしょう。

また、宅配で依頼することも可能です。電話やインターネットから依頼することができますので、店舗に出向くことが難しい方は活用してください。非正規店で修理をするというのも一つの方法です。非正規店ではれば5,000~10,000円程度で修理をしてくれる場合もあります。正規店と異なり、データが消去されない方法で復旧をしてくれるお店もありますので、確認してみるといいでしょう。